間接照明で得する3つの効果

本日もアクセスありがとうございます。

電気暖炉ストーブファンヒーター専門店

ファイヤープレイスの店長です。

 

今年も12月残りわずかですね。

流行語や今年の漢字の発表やら

イルミネーションも盛り上がり、

2016年ももう終わりなのか~と

少し寂しい気持ちです。

 

ついちょっと前まで、

夏だったような・・・

 

本当1年って振り返ると早いです。

 

外も寒くなってきて、

時間の流れを感じています。

 

これからもっと寒くなってくるらしいので、

防寒対策は必要ですよね。

 

最近の家電の傾向として、

本来の価値×新しい価値の組み合わせられた商品が多く出ております。

 

電気暖炉ストーブファンヒーターもそのうちのひとつです。

 

暖房器具に間接照明とインテリアの要素が組み合わさっています。

 

購入されたお客達からは、

「部屋をお洒落にしたかったけど、インテリアコーディネイトして、家具を買い換えて、、、

って手間、時間、お金がかかる!!!」

「どうしよう・・・」

と困っていたらしいのですが、

電気暖炉ストーブを部屋に置いただけで、

「なんか部屋全体がおしゃれになった気がします」

と『おしゃれなインテリアアイテム』として

喜んで頂いております。

 

本日は、電気暖炉ストーブファンヒーターの隠れた効果についてフォーカスして

役立つ情報をお届けしたいと思います。

 

それは、『擬似炎の間接照明効果』です。

 

部屋をお洒落にしたいけど、レイアウトを変えたり、家具の買い替えや壁紙・カーテンを変えたりといった手間をかけたくないしコストもかけたくない。

 

そんなあなたにおすすめなアイテムが間接照明なんです。

 

間接照明を置けば、部屋の雰囲気を簡単にオシャレに変身されることができます。

 

擬似炎のもたらす、柔らかい光で照らすことになりますので、なんとも言えない独特の雰囲気を作り出すことができます。

 

電気暖炉ストーブファンヒーターの擬似炎がもたらすうれしい3大効果とは!?

 

効果1 リラックス効果

間接照明にすることで、部屋が明るくなり過ぎず、落ち着いた雰囲気になります。

穏やかで暖かみのある擬似炎の光とゆらめきが副交感神経に働きかけて、気持ちを落ち着かせて、心地よいリラックスした気分にしてくれます。

 

一日の疲れを癒したり、休日にゆったり、まったり過ごしたいときに、あなたの心と体を癒してくれます。

 

効果2 おしゃれ効果

間接照明の光によって、部屋に陰影が生まれメリハリが生まれます。

人の目は、暗いところよりも明るいところを集中してみる特性があるため、

散かっていたり、生活感が隠し切れない見せたくない部分を隠すことができます。

 

おしゃれな部屋とは、「非日常感」の演出で決まります。

間接照明があるだけでも、おしゃれな空間になります。

 

さらに、暖炉の薪が燃えているような演出があるので電気暖炉ストーブがあるとより一層のおしゃれ効果を体験できます。

 

効果3 ラブラブ効果

暖炉ストーブの擬似炎ランプの炎は本物の炎が燃えているかのように見えるほどリアルです。

擬似炎ランプの炎の揺らめきには、リラックス効果があるため、大切な人と一緒に暖炉の前で過ごすと会話が進むという実験の結果があるそうです。

 

間接照明のやわらかい光と薄暗いお部屋の中で過ごすと『親密な時間』を過ごせるようです。

 

間接照明は人間関係も良好にします。

 

【今日のまとめ】

イフリートの電気暖炉ストーブファンヒーターで冬を暖かく、おしゃれな間接照明として擬似炎に包まれる幸せをあなたにお届けいたします。

これからも、ファイヤープレイスをよろしくお願いいたします。